【生酵素サプリの副作用】気になる危険性を調べました!

 

生酵素サプリは危険っていう噂を聞くけど、本当のところどうなの?と思ったので調べてみました。

 

食品アレルギーを持っている方は必見ですよ。

 

【生酵素サプリの副作用】どんな症状があるの?

生酵素サプリの代表的な副作用としては、下痢や腹痛などが挙げられます。

 

ただしこのような症状が出たからと言って必ずしも副作用とは限りません。

 

これは生酵素サプリは体が良い状態に変化すると症状が治まる一時的なものとして下痢や腹痛が起こる場合があるためです。

 

好転作用での下痢や腹痛はサプリを摂取したことで腸内環境が良くなっている証拠なのでここでやめてしまうのは勿体ないと言えるでしょう。

 

一方で場合によっては乳酸菌や食物繊維がご自身の体に合わず過剰摂取状態に陥っている場合もあり、そのような結果で腹痛や下痢が起きている場合飲み続けることは危険です。

 

結果だけで判断せずその原因を見極めて飲み続けて大丈夫かを判断するのがおすすめです。

 

【生酵素の危険性】アレルギーがある方は要注意

生酵素サプリを摂取する際には下痢や腹痛をはじめとした副作用に加えてアレルギーをお持ちの方は摂取して問題ないか事前にしっかりと原材料を確認するようにしましょう。

 

ただし実は生酵素サプリにおいて原材料に自分にとって危険な影響をもたらすリスクのある食品が記載されていても問題がない場合もあります。

 

これは酵素でその成分を補うことで反応を抑えられた事例が報告されたことに基づきます。

 

なお、アレルギーをお持ちの方がそのような摂取を希望される場合は事前に必ず医師に確認のもと安全性を確認出来てから摂取するようにしてください。

 

中には野菜や果物を使用知っていないものもあるのでそれらを上手に活用するのも良いかもしれません。

 

下痢や腹痛になったときの対処方法

生酵素サプリを摂取し下痢や腹痛が発生した場合その原因は好転反応の可能性と副作用の可能性がある点には注意が必要です。

 

もし好転反応の場合体がより健康な状態に変化すれば症状は治まります。

 

一方で副作用の場合体質に合っていないため永久的にその症状は続きます。

 

目安として1週間飲み続けてお腹の調子が改善しない場合体質に合ってない可能性が高いのでその摂取を辞めるのが良いでしょう。

 

また、数日であっても体質に合わないと感じたらすぐに摂取を辞めるようにしましょう。

トップへ戻る